研究室紹介

ニューラルネットと人の知見の融合

芥子 育雄 教授/博士(工学)
人の知見(単語意味ベクトル辞書)を用いて、ニューラルネットワークやディープラーニングにより獲得される特微量の解釈性が高い学習手法を研究しています。これにより、小規模データの他領域で獲得された特微量を掛け合わせた分析を実現し、新たな価値の創出を目指します。Twitterにおける評判情報、場所・イベントの分析を行っています。
【研究テーマ】
●ソーシャルメディアのカテゴリ分類と可視化の研究
●ライバル製品の評判分析とトピック可視化の研究
●言葉の意味を認識した対話型(チャットボット)の研究
【教育研究業績情報】