研究室紹介

昭和13年に建設された橋

橋の健全な維持管理

谷脇 一弘 教授/博士(工学)
損傷した橋も定期的に補修することにより、耐用年数以上の期間使用することが可能となります。橋の維持管理のために、点検データをもとに橋の劣化を予測し、限られた予算の中で最適な維持管理が行える支援システムの開発を行っています。
【研究テーマ】
●橋の最適な維持管理計画
●橋の最適な耐震設計
●社会基盤施設の維持管理のための最適化手法の開発
【教育研究業績情報】